RSS | ATOM | SEARCH
ベトナム旅行

2017.04.14/金

きょうから  超久しぶり  海外旅行

ベトナムへ  6時半集合  羽田空港

早朝の  羽田空港  人多し

病みつくか  ビジネスクラス  ANA航空

飲みものは  いつでもお代わり  申し付けください

ANAのビジネス  やっぱりいいな  ワインに食事に 優しい笑顔

羽田から  ハノイ空港まで  約6時間

窓際で  久しぶりの  空の旅  

入国検査  無理して返す  作り笑顔

空港出口  おかっぱ頭の  ガイドさん

 48歳   ベトナム女性  現地ガイド

名前は  Haiyen(海燕)さん  中国系

車窓から  田んぼと水牛  蓮の花

会社  嫌なら すぐに  やめられる

田舎に帰れば  いつでも  暮らしていける

大らかだ  ベトナムの人  生き方は

羨ましい  1本だけでない  人生の道  

ハロン湾  ハノイ空港から  さらに3時間半

ホテル着く  まだ何となく  落ち着かない

見た目より  ベトナム料理は  辛くない 

部屋広し  ホテルの窓から  ハロン湾

ゆったりと  バスタブ漬かり  ほっと一息

 

2017.07.15/土

朝食も  ベトナム料理  数多し

中国系  韓国系で  席埋まる

スタートは  ロビーに集合  8時半

港には  大小の船  いっぱい

貸切船で  奇岩巡り  ハロン湾

笑顔いっぱい  雨のハロン湾

ハロン湾  奇岩も驚く  観光化

ガイドさん  3日に一度  ハロン湾

船の中  シャコもはまぐりも  1つ2万ドン

湾静か  船で味わう  海鮮料理

Tシャツを  買うまでそばを  離れない

商魂か  貧しさのせいか  ベトナム女性のたくましさ

洞窟と  奇岩めぐりの  世界自然遺産

人々の  水上の暮らし  どんなかな 

ハロン湾  暮らし見られず  観光終わる

大雨の中  バスに揺られ  ハノイに向かう

首都ハノイ  人口700万人  歴史1000年

大河ホン川  赤土運ぶ  中国から

埋め立てが  どんどん進む  大河ホン川

あちこちに  フランス統治の  跡残す

あまりにも  天安門に似ている  ホーチミン廟

ホーチミン  立派な廟を  どう思う

本人は  自分の墓なんて  決して望んでいないだろう

たくさんの  同志や人民と  闘ったベトナム解放の戦い

どこの国も  歴史は  戦争がつくる

旧市街  雑踏の中を  早足で

クーラーいらない  みんな外で  夕涼み

暑いせいか  真夜中まで  夕涼み  

歩道も  車道も  人、人、人

東南アジアの  人混みと猥雑  久しぶり

なんとなく  ホッとする  人混みの中

別世界  ベトナムの旧市街や下町  日本とは

フィリピンも  タイ・マレーシアも  こんな感じ

きょうも  夜は  ベトナム料理

一気に  料理運ばれる  どんどんと

見た目より  辛くないので  食進む

きょうのホテルは  びっくり  5つ星

1323号室  広すぎて 綺麗すぎて  落ち着かず

窓からは  夜の湖  良い眺め

ベッドは  完全に  ワイドダブル

もったいない  こんなベッドに  一人では

高すぎて  腰かけるにも  一苦労

お風呂は  大きい  バスタブ風呂

ガラス張りの  シャワールームは  さらに別

少し貧乏でなくなったけど  貧乏性は  変わらない 

 

2017.07.16/日

きょうも  朝8時半  古都ホアルーへ

先に陸の桂林  チャンアンクルーズ観光へ

きょうも  雨いっぱい  雨季の旅

雨の中  むりやり漕ぎ出す  カッパ着て

5人乗り  スリルはあるが  頭打つ

鍾乳洞や  奇岩を巡る  世界複合遺産

景観と  歴史楽しむ  湖水クルーズ

ボート漕ぐ  ベトナム女性の  たくましさ

しっかりと  雨季を体験  湖水にて

一息ついて  昼はやっぱり  ベトナム料理

午後からは  ベトナム初の  王朝遺跡

 たった70年  古都の遺跡は  お墓だけ 

草を食む  水牛2頭  雨の中

 なぜ多い  欧米系の  観光客

きょうのバス  Haiyenさんの  隣に座る

Haiyenさん  素敵な服を  毎日変える  

バスの中  心うきうき  前と横

日本語  うまくないけど  自信たっぷり

同じ話  何度も何度も  繰り返す

半端でない  Haiyenさんの  親切心

iPad  みごとに使う  Haiyenさん

Haiyenさん  LINE友だち  OKよ

警戒心  まったくなくて  いいのかな

タケとノリ  二人はすぐに  つながった

私だけ  なぜかLINEが  つながらず

海外の  携帯使用  自信ない

大丈夫  大丈夫と  慰めてくれるHaiyenさん

ガイド業  とっても楽しいと  笑顔で語る 

次の旅  アンコールワット  ガイドします

ハノイの街  バイクと車で  道埋まる

信号無視  交通事故も  あちこちで

中には  自信たっぷり  逆走バイク

ぼろバイク  後ろの席には  ブダ2頭

4人乗り  1人は赤ちゃん  母の胸

垣間見る  東南アジアの  たくましさ

ホテル着き  LINEつながり  嬉しいな

夜は  水上人形劇と  フランス料理

劇場内は  欧米系で  超満員

ビデオOK  ただし追加で  3ドル払う

水の上を  飛んだり跳ねたり  人と魚

席の前  ビデオじゃまする  大女

伸びやかな  歌声と楽器   館内響く

歌い手も  弦も太鼓も  若い男女

水の上  稲まで踊る  喜んで

農作業  漁業に感謝  水上人形劇

いつの間に  全員舞台に  劇終わり

満足そう  人形操る  裏方も

最後の夜は  フランス料理と  ワイン2杯

久しぶり  本格的な  フランス料理

そうかハノイは  長くフランス統治の街

4日間の  中でいちばん  リッチなお店

Haiyenさん  食事の暇なく  接待づくし

2日間  ホテルは一流  パン・パシフィック

Wi-Fiも  とても快適  日本にメール

明日のあさ  散歩できるか  ホテル前の湖

湖の  名前は「西湖」  聞いたことあり

そういえば  中国・杭州と  まったく同じ

何もかも  終わってみれば  あっという間

3日間  ああ  楽しかったけれど  ちょっと疲れた

早く寝よ  荷物整理は  明日にして

風呂だけ入って  電気消して  ベッドイン

一人部屋  いびきしても  心配なし 

なぜかなあ  最近いつも  アイフォーン枕もと

 

2017.07.17/月

目が覚めて  雨風強し  台風か

早起きし  朝食の前に  荷物片付け

外は風雨  リッチな朝食  ゆっくりと

飛行機OK  ネットで調べる  何と便利

残念だ  西湖の散歩  諦める 

ホテルの部屋で  時間潰す

12時きっかりに  パシフィックホテルを  後にする

見つかって  良かった良かった  ポケットカメラ

忘れたら  台無しになる  ベトナム旅行

失くし物  いまのところは  帽子だけ 

30分  空港まで  雨のハノイの街偲ぶ 

あと少しで  Haiyenさんとも  お別れ

Haiyenさん  最後の最後まで  暖かいガイド

4日間  てにをは違う日本語で  よく頑張った

たったの4日  それでも涙ぐむ  女性客とHaiyenさん

ドライバーさん  見事な運転  ベトナム一番

ひとことだけ  カムオン(ありがとう)と  ドライバーさんに

空港に  バス着いても  雨止まず 

早い早い  ビジネスクラスの  チェックイン

嬉しいな  男は私だけ  ハグしてくれた  Haiyenさん

彼女の  甘い匂いに  胸がドキッと

どんな香りか  初めてで分からない

ついつい  祈ってしまった  消えないようにと   

匂い消えても  思い出は残る  4日間 

10ドルだけ  そっと彼女の  手の中に

勝手に思う  彼女の目に  少し淋しさが

さようなら  またいつか  会えるといいな

荷物検査  靴下まで  脱がされた

すぐ済んだ  目だけは厳しく  搭乗審査

初日と違う  広々とした  ビジネスラウンジ

空港の  屋根をたたく  大粒の雨

どうしても  パクパク食べてしまう  ラウンジ・ビュッフェの食事

帰りも嬉しい  ビジネス席の  ウインドーサイド

風がなければ  飛行機は飛ぶ  大雨の中

さようなら  ハノイ  さようなら  Haiyenさん

5時間の旅  外国映画を  1本だけ見る

天才数学少女  ふつうの女の子に戻れるか

ラウンジビュッフェで  食べ過ぎた  機内の洋食  残してしまった

飲み物は  チリの赤ワインと  ドライシェリー

読み物は  朝日新聞と  週刊文春

きょうの飛行機は  新幹線より  静かで快適

ANAはいいな  日本語しかできない  私には

22時15分  時間どおりに  羽田着

さっそく  アイフォーンで  メールチェック

こんなにも  哀しい性(さが)に  だれがした

4日間の  記憶が急に  遠くなり

残りしは  ハグしてくれた  Haiyenさんの香りだけ

author:Tetsuo Kobayashi, category:紀行, 20:00
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://edinet.jugem.jp/trackback/101