RSS | ATOM | SEARCH
きょうのひとり酒は特別だ
今週の前半はシルバーウイーク。
そのため,いつもの後半の東京行きは取りやめ。
名古屋にいると,多忙を極める。

社員との打ち合わせも列ができるほど。
仕事の進行から人事,版元対応指示,見積もり検討,レール引きや体制作り,悩み相談など,千差万別,多種多様。

合間を縫って,誌面デザインチェック,見積もり作成,メールチェック,電話対応,月末処理,
新しい仕事の見本原稿整理も。数時間かかった。
久しぶりの編集実務作業。日の浅い担当社員の代行だ。

頭の切り替えには自信があるが,
最後に日報メールをチェックしていると,
いつのまにか,こんな時間に……。

おっとっとっと……。
盆の墓参り以来,すっかり忘れていた。
きょうは母親の命日だった。
あれからもう42年になるのか。
43歳でこの世からいなくなった「かあちゃん」。
いまごろ,どうしているのかな。

さあ,早く帰って,いつもの真夜中のひとり酒。
きょうはとっておきの大吟醸にするか。


author:Tetsuo Kobayashi, category:-, 04:37
comments(0), trackbacks(0), pookmark
青森の旅
今年も友人と青森へ出かけた。

一番の目的は津軽・五所川原の立ねぷた見物だ。
昨年、青森ねぶたと弘前ねぷたを見て以来、夢中になった。
青森の豪快さ,弘前の妖艶さ,五所川原の勇壮さ。
三所三様の違いを楽しむことができた。

今年は念願の恐山にも行くことができた。
ねぶたと恐山、生と死,対極の世界だ。
author:Tetsuo Kobayashi, category:-, 20:39
comments(0), trackbacks(0), pookmark
拾い読み3書
山形拓也『一流の気くばり』,公方俊良『般若心経90の知恵』,筑紫哲也『ニュースキャスター』を神楽坂の「惰眠館」で拾い読みする。
『一流の…』は,編集者の仕事の半分は「気くばり」にあることがモットーの私としては気になる本。
『般若心経……』は,インドを旅行して以来,仏陀の生き方や考え方が気になっていたことで開いた。
仏陀が弟子に初めて教えを説いた「鹿野苑」の話があった。
インド/ベナレスのサルナートのことだ。
ガンジス河の沐浴場とあわせて,一生忘れられないところだ。
本にあった第21番目の知恵(?)「迷い,悩んでこそ悟りが開かれる」は救われる言葉だ。『ニュースキャスター』。
筑紫哲也の人生は私の夢物語だ。
ジャーナリストとして最高の生き方をしたと言えなくもない。
うらやましい。
私が日頃から感じていたテレビ・ジャーナリズムの軽薄さ・汚さ・非人間性をこの人も現場で痛感していた。
でもいつかはこの世を去る。
author:Tetsuo Kobayashi, category:-, 23:53
comments(0), trackbacks(0), pookmark
千客万来/頭が下がる
東京オフィス,千客万来。
理系のライター,マンガ家とその紹介者,10年前のエディットの元社員,クライアント,東京でDTP組版をお願いしている会社の社員も2社,それに「客」ではないが,名古屋から出張中の社員(きょうは1人だが,きのうは3人)。
室内は足の踏み場もない。
やはり「引っ越し」を決断して良かった。

版元から久しぶりに声がかかる。
いまの私の立場では決して嬉しいことではない。
クライアントから「ちょっと来い」と言われる場合,なにか問題が発生したか,お金の件で相談をしたいか,そんなところだ。
だいたい予感は的中する。
「編プロの社長業」として修羅場をくぐってきた。
でも慣れない。
人はだれも言わないが,繊細さにかけては業界で1,2を争う自分だ。
……と思っている。
久しぶりに苦しい思いをした。

夜は神田へ。
いまも業界のトップリーダーであるS氏を囲んだ教材系編プロの集まり。
77歳。
私よりも数倍の元気がある。
その秘密は何なのか。聞きそびれた。
業界のトップが末端の会に出ていただける。
それも最新の情報をわざわざコピーしていただいて……。
頭が下がる。
author:Tetsuo Kobayashi, category:-, 23:49
comments(0), trackbacks(0), pookmark
神だのみ
東京オフィス「引っ越し」先を見学。
私は2度目。
契約はほとんど終了。
引っ越し先はいまのビルの1つ上階。
およそいまの2倍の広さ。
引っ越し日は12月16日(火)に決めた。
「大安」だ。
私は気にしないが,東京のスタッフが気にする……。
というのはウソ。
わりと大きなことを決断するとき,私はやはり「日より」を見る。
「神だのみ」をしてしまう。
神楽坂の毘沙門天,いつも素通りだが,「きょうもよろしく」と頭を下げる。

author:Tetsuo Kobayashi, category:-, 22:47
comments(0), trackbacks(0), pookmark
人通りがない
きょうも最終の新幹線で東京へ。
神楽坂は真夜中。
空車のタクシーが列をなしてゆっくり坂を流れている。
ほとんど人通りがない。
落ち葉がめだつ。
でも街灯の明かりでまだ坂の広葉樹がきれい。
坂上の「惰眠館」に荷物を置いたあと,2日分の食糧を買いに近くのコンビニに。
午前1時を過ぎた時間なのにコンビニだけは人が多い。
author:Tetsuo Kobayashi, category:-, 00:23
comments(0), trackbacks(0), pookmark
答えを出す
ある版元の編集者が名古屋の事務所に来られた。
版元を辞めてフリーの編集者になったという。
その挨拶の来訪だ。
私への直接のアポはなかったが,ぜひ会いたいと思っていた。
よく知っている人。
3時間近く話をした。
版元はとてもよく知っている会社だ。
経営状態が悪いから辞めるわけではない。
自分の生き方として,いまの道を選択したようだ。
かつてフリーの経験が少しあるとしても,50歳を過ぎてからの新たな人生だ。
たぶんいろいろ考え,悩み,苦しんだと思う。
私も何度も経験した。
いま私の目の前だからそうなのかも知れないが,久しぶりに会う顔がとても明るく前向きであった。
すべてそうであるが,答えを出す前が辛い,とても辛い。
でも答えを出してしまえば,楽になる。とりあえず楽になる。
あとはその答えに向かって進むだけだ。
前に進むことができる。
彼とはまた東京で飲む約束をした。
author:Tetsuo Kobayashi, category:-, 20:41
comments(0), trackbacks(0), pookmark
誕生日
 きょうは私の誕生日。
 少しも嬉しくない。
 歳は取りたくない。
 いつものように,夜中の2時ごろまで,社員の日報メールを見たり,溜まった新聞を開いたりして,会社でひとり過ごす。
 なぜか落ち着かない。
author:Tetsuo Kobayashi, category:-, 20:58
comments(1), trackbacks(0), pookmark
フランス料理
 きょうは日曜日。
 夜,家族で自宅近くのフランス料理店に出かける。
 明日は私の誕生日。
 その「お祝い会」。
 すべての費用はもちろん私持ちだ。
author:Tetsuo Kobayashi, category:-, 20:56
comments(0), trackbacks(0), pookmark
竹内久美子
 仕事を片づけたあと,神楽坂のマンションで竹内久美子の『小さな悪魔の背中の窪み−血液型・病気・恋愛の真実−』を読む。
 最近はやりの「血液型」についての竹内流理論。
 寄生虫から血液型の持つ特徴を解き明かす。
 あいかわらずユニークな展開。
 恋愛も寄生虫が背景にあると結論づける。
 彼女の本は読み始めると止まらなくなる。
 『浮気人類進化論』,『シンメトリーな男』など,タイトルからユニークだ。
 最終の新幹線で名古屋に帰る。
author:Tetsuo Kobayashi, category:-, 20:54
comments(0), trackbacks(0), pookmark